最後に編集されたのは 管理者
18.11.2020 | 歴史

最強の教養 不確実性超入門

  • 58 読みたい
  • 58 現在読んでいるもの

発行元 田渕 直也 .

    Download 最強の教養 不確実性超入門 本 Epub や Pdf 無料, 最強の教養 不確実性超入門, オンラインで書籍をダウンロードする 最強の教養 不確実性超入門 無料で, 本の無料読書 最強の教養 不確実性超入門オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 最強の教養 不確実性超入門 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  田渕直也
    • シリーズ名:  最強の教養 不確実性超入門
    • 発売日:  2016年04月14日
    • 出版社:  ディスカヴァー・トゥエンティワン
    • 商品番号:  4913718950001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    本書は、「不確実性とは何か」だけではなく、「不確実性に対して人はどう反応しがちなのか」「どう対処すべきなのか」までを、難しい数字や専門用語を極力排して解説した入門書である。


    本当のリスクは、不確実性そのものの中ではなく、人や組織の心理の中にこそ存在する。ひとつ例を挙げよう。

    金融の世界には、日経平均株価は「これこれの理由で○○○○円まで上がりますよ」という断定的な予測が数多く見られる。

    しかし、人の耳目を引く、こうした断定的な予測は、結果として当たらないことが多い。

    だが、始末の悪いことに、世の中には数多くの予測が出回っていて、そのうちのいくつかは実際に当たってしまう。

    そして、たまたま結果として当たったというだけで、人々はその予測が将来を見通した素晴らしい予測だったと考え、予測をした者を称賛し、自分もそれにあやかることで将来を予測することができるようになるはずだと思い込む。

    しかし、そのようなやり方を続けていれば、短期的にはうまくいくかもしれないが、いつか必ず予想外のデキゴトに振り回され、身動きがとれなくなってしまう日を迎えることになるだろう。


    不確実性ほど、「決定的に重要でありながら、驚くほどに理解されていない」というものはそうはない。むしろ、不確実性にどのように向き合い、そこから生まれるリスクをいかに制御していけるかは、金融に限らずすべての意思決定にとって、決定的に重要な要素なのだ。

あなたも好きかもしれません

最強の教養 不確実性超入門 by 田渕 直也 ダウンロード PDF EPUB F2