最後に編集されたのは 管理者
29.12.2020 | 歴史

拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫)

  • 19 読みたい
  • 8 現在読んでいるもの

発行元 郷内心瞳 .

    Download 拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫) 無料で, 本の無料読書 拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  郷内心瞳
    • レーベル:  竹書房文庫
    • シリーズ名:  拝み屋備忘録
    • 発売日:  2018年03月02日
    • 出版社:  竹書房
    • 商品番号:  4915025700001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    時が過ぎ、処が変わっても、今もここに居る怨念!

    宮城の拝み屋に持ち込まれた戦慄の実話集!


    東北でリアルに拝み屋を生業としている郷内心瞳が、自らの体験も含めた怪異の数々をしたためた一冊。誰がどのように届けたのかわからない、黒く煤けたダンボール箱の恐怖「宅配便」、魔除けの札を求めてきた女性の部屋にあったのは奇妙な人形。それに込められたおぞましい邪気とは「エコケ人形」、療養のために著者が訪れた山間の温泉旅館での奇妙な出来事「双子宿」など55話を収録。怪異は誰の身にも起こり得る。そして決して他人事ではないのだーー。


    出版社からのコメント


    宮城県出身・在住。郷里の先達に師事し、2002年に拝み屋を開業。憑き物落としや魔祓いを主軸に、各種加持祈祷、悩み相談などを手掛けている。2014年『拝み屋郷内 怪談始末』で単著デビュー。他『拝み屋怪談 逆さ稲荷』『拝み屋怪談 来たるべき災禍』『拝み屋異聞 うつろい百物語』など。

あなたも好きかもしれません

拝み屋備忘録 怪談双子宿 (竹書房文庫) by 郷内心瞳 ダウンロード PDF EPUB F2

他のサイトで郷内さんのシリーズを読んでいましたがクーポンも有るし楽天にもあるので購入してみました。
実話怪談好きですけど一度読めば充分だと思っていましたが大変良く練られている語り口が凄く気に入りました!
この拝み屋シリーズ購入の際は重複、順番を吟味してから買いましょう!
中身のエピソードが執筆された時点の状況に依ります。
またタイトルに時系列、発刊の順番が無いので一気にまとめて(同じ発刊元のを)購入した方が良いかも知れませんね。
この本のタイトルのエピソードはちょっと物足りない感じが否めなかったですけど現在進行形な話しなので一話も落としたくないです(笑)