最後に編集されたのは 管理者
19.12.2020 | 歴史

笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)

  • 5 読みたい
  • 39 現在読んでいるもの

発行元 久我羅内 .

    Download 笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書) 本 Epub や Pdf 無料, 笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書), オンラインで書籍をダウンロードする 笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書) 無料で, 本の無料読書 笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  志村幸雄
    • レーベル:  PHPサイエンス・ワールド新書
    • 発売日:  2014年04月18日
    • 出版社:  PHP研究所
    • 商品番号:  4430000001335
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    「裏ノーベル賞」の異名を持つ「イグ・ノーベル賞」の人気が高まっている。その内容を語る上で欠かせないのが「パロディ性」。「カラオケの発明」がなぜ<平和賞>なのかといえば、「人々が互いに寛容になることを教えた」から。さらに、芳香成分のバニラが牛糞由来と聞けば誰しも目を丸くするだろう。本書は1991年の創設以来、「ハトを訓練してピカソとモネの絵を区別させることに成功」「犬語翻訳機<バウリンガル>の開発」「迷路を解く粘菌の研究」「ジャイアントパンダの排泄物から採取したバクテリアで、生ゴミを90パーセント以上削減できることを実証」(2009年生物学賞)などの功績で、19年間で14件を受賞し、文字通りイグ・ノーベル賞で世界をリードする日本人受賞者の取材をもとに、「まず人を笑わせ、そして考えさせる」研究を徹底分析。たかがオモシロ科学と笑うなかれ。科学とは本来自由であり、「笑える」ものなのだ!

あなたも好きかもしれません

笑う科学 イグ・ノーベル賞 (PHPサイエンス・ワールド新書) by 久我羅内 ダウンロード PDF EPUB F2